トイレリフォームの際にタンク付きのトイレを検討する

トイレリフォームを行うなら、最新の機能をつけたトイレに換えると良いでしょう。最近はタンクのないトイレや、停電しても水が流れるトイレ、使っていなくても定期的に水が流れて清掃してくれるトイレなど、様々なものがあります。
自分たちのこれからの生活で必要な機能は何か、長期的な目をもって検討していきます。設置してくれる業者との打ち合わせも大切です。

■タンク付きトイレのメリット

昔のトイレのほとんどはタンク付きのものです。トイレリフォームを行う際、まず以前と同じメーカーでリニューアルした型番のトイレを選ぶ人が多いです。トイレの大きさや設計が似ているため、工事もそれほど難しくなく、楽に取り付けできます。使い慣れた形なので使いやすいトイレです。
タンク付きのトイレはタンクなしのトイレや一体型のトイレに比べ安価です。万が一故障した場合も、簡単な部品の交換、修理で済むことが多く、メンテナンスも容易です。

■タンクなしのトイレのメリット

一方、新しいタイプのタンクなしトイレを選ぶ人もいます。新しいトイレの種類もいろいろあります。
タンクなしのトイレは何といっても、トイレの便器の設置面が小さく、従来のトイレより広々とします。例えば車いすでトイレを利用したいという場合や、トイレの面積が狭く使いにくかったという場合は便利です。介護者も一緒にトイレに入りやすく、利用しやすいタイプです。
初期費用としての工事費などが高価なため、設置に関する細かな打ち合わせを業者と行います。自宅のトイレに設置可能か、取り付け口なども確認しておく必要があります。

■まとめ
トイレメーカーのカタログやホームページから、様々なトイレを見てみましょう。特にタンク付きかなしかによって、トイレに占める面積や工事の方法が異なります。どちらを選ぶと良いか、メリットとデメリットを考えることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ