トイレリフォームの前に蛇口付近のトラブルを確認する

トイレは一度設置すると10年以上使用することが一般的です。そのためトイレリフォームをするかしないかは、十分に時間をかけて検討する必要があります。トイレ本体だけではなく、設置や取り付け工事が必要になる場合も考えられ、このような場合はある程度の費用がかかるため、事前にいくつかの点を確認しておくことが大切です。思い切ったトイレリフォームをした方が長期的に見て良いこともあります。

■修理をした方がよい場合

トイレリフォームの前に、修理をしてまだ使えるかどうかを考えることが求められます。例えば、トイレから水漏れするというトラブルがありますが、こうしたトラブルは、トイレの部品を交換すれば解決することもあります。水漏れ 修理なら、蛇口付近のパッキンなど消耗しやすい部分を目視して確認します。トイレ本体を交換するより、蛇口を交換する方が安価に修理できるかもしれません。いろいろな方法を検討しておくと安心です。

■トイレリフォームができる条件

トイレリフォーム工事を検討する際、トイレの配管が新しいトイレに設置できるかどうか、確認しておくべきです。業者の方が見積もりに来る際に、細かいところも見てもらっておくと良いでしょう。蛇口の周りも交換が必要か、そのまま利用できるか検討します。
トイレの型式もチェックします。現在使っているメーカーの型番は、これからどのトイレに交換可能か、ホームページなどに情報を掲載しているメーカーもあります。

■まとめ
まずはトイレの部品交換で修理ができるかどうか、検討をします。何度も同じところが壊れているのか、部品交換を今まで一度もしたことがないのか、いろいろな事柄を確認します。自宅のトイレをこれまでどれくらい使用しているかも確認しておくと、トイレリフォームの目安になります。トイレリフォームを行うようなら、トイレの配管がそのまま利用できるかどうか見てもらう必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ