トイレリフォームの方法や考えること

トイレリフォームの方法や考えること 家の中で毎日使う場所の一つがトイレであり、多くの人がなるべく気持ちよく使いたいと考える場所です。トイレを長年使っているといろいろな不具合が発生してきます。トイレリフォームを検討する前に考えるべきことがいくつかあります。まずどこまでのリフォームを行うか考慮します。次にトイレの種類も日々増えているため、自宅に設置できるタイプの中でもどれが適切なのか、なるべく多くの種類を見てから選びます。最後に複数の見積もりを取って、業者を決めるという流れです。

■トイレリフォームとは

リフォームと一口に言っても、どの程度まで手を入れるかによって、修理にかかる費用や時間は異なります。例えば和式を使っていたものの、介護が必要になり洋式の便座を取り付けたいということがあります。洋式のトイレでも特に何も機能がない便座なので、ウォシュレットタイプに換えたいという場合もあるでしょう。トイレ本体や便座を交換するという場合は、本体代と工賃が必要です。
せっかく本体を取り替えるのなら、もう少し快適に使えるように機能を整えてみるのもおすすめです。家族が高齢になり、車いすでトイレに入りたいという要望が出てくる時があります。床をフラットにしなければ一人でトイレに行くことが難しくなるため、床の工事が必要です。ドアの交換や手すりをつけるという工事も求められます。こうした周辺設備のリフォームを加えていくと費用はかかりますが、将来まで長く使えるようなトイレリフォームを行えます。

■トイレの種類を知る
トイレを交換する時は、事前に種類を知っておく必要があります。最近のトイレは様々な用途に合わせて、多機能なタイプが増えています。
洋式を中心に挙げると、普通の便座タイプ、ウォッシュレットタイプがあります。さらに、清掃がしやすいフチなしタイプ、あまり手入れに時間がかからない脱臭タイプなどもあります。同じメーカー、同じタイプの便座でも、新しいものの方が色々な機能が搭載されており、使いやすくなっています。
カタログを見ていると多機能タイプが増えていることから、いろいろな機能がとても魅力的に見えることもあります。しかし家族にとってどの程度の機能が必要なのか、どういった機能は必要ないかという点を考えて選択することが大切です。

■業者を選ぶ

トイレリフォームを行う際には、業者を選び依頼をします。なるべく水道 評判の良い業者を選ぶようにしましょう。ホームページを見たり、電話帳を調べたりして探すことができます。トイレのリフォームができる業者にまず確認し、リフォームの相談をします。ただし自動的にその業者に依頼するのではなく、複数の業者から見積もりを取る必要があります。
見積もりに含まれるのは、トイレ本体代、便座代、旧便器の引き取り代、施工代、消費税などです。業者が遠方からくる場合、交通費などがかかる可能性もあります。見た目で安く思える業者でも、別途で何らかの費用がかかる場合があります。どこまで含まれているか、一式の価格を比較検討します。

■まとめ
トイレリフォームを考える前に、どんなリフォームを希望しているかを、家族みんなで話し合う必要があります。手を入れていくとどんどん費用もかさみますが、長く快適に使えるようにするためにも、どこまでリフォームをするべきかみんなで決めていくようにしましょう。
トイレの種類を決める際には、業者と相談しながら考えることもできますが、自分たちでメーカーのカタログやホームページをチェックすることも大切です。
いくつかの業者から見積もりを取った上で検討し、内容に関しても細かく確認します。特に交通費などが実費精算になっていないか、消費税は含まれているか、細かい部分を見て、様々な比較検討をすることがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース